記事の詳細

専業主婦でヘソクリをしているという人も多いかもしれませんが、相続税の税務調査が行われる時にリスクがあるのだそうです。

夫が亡くなって相続が発生し相続した金額を申告した際に、税務調査で自分の口座に入っているお金はどうやって貯めたのかと聞かれるのだそうです。

ヘソクリは専業主婦名義の口座に入れていたとしても、実質は夫の物だと判断されて名義財産だと認定される事があるため、申告漏れ扱いになってしまう可能性が考えられるのです。

ヘソクリが贈与だと認められれば問題ないという事ですが、夫婦間だったとしても贈与のための契約書や贈与税の申告を行う必要がありますよ。

入金しか行われていない口座は名義財産を疑われやすく、自分で使える状態である事が大切なのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る