記事の詳細

副業をしようと考えているなら税金について知っておくと良いでしょう。

会社員の収入なら会社がやってくれますが、副業で稼いだ場合には自分で確定申告を行う必要がありますよ。

稼いだ金額に関係なく、所得の種類によって必要になるという事ですから、該当する場合には確定申告する事になるでしょう。

株式の配当金や投資信託の収益分配金などによる所得は配当所得になり、賃貸経営の家賃収入は不動産所得になり、他の会社やアルバイトして得た給料は給与所得になり、それ以外で得た所得は雑所得になりますよ。

会社以外から副業などで所得が20万円超えた人は確定申告が必要であり、税務署へ1月から12月までの所得を計算した申告書を提出して、支払う所得税額を確定させるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る