記事の詳細

給与所得者であるサラリーマンにも、節税する方法はあるのでしょうか?

基本的に、サラリーマン向けの節税対策はないと言われていますが、使えそうな物は幾つかあるのだそうです。

個人型確定拠出年金は、毎月の掛け金は所得控除されるため節税効果が期待できるという物であり、積み立てて月額で2万3千円までかけられるのですが、個人事業主なら6万8千円までかけられますよ。

特定支出控除は、経費集計をして一定額を超えていれば節税ができるという方法なのです。

別居の親などの扶養控除は、確定申告や年末調整に反映させて節税ができるという事ですが、扶養している事が条件だという事を覚えておきましょう。

株の譲渡損失は確定申告が必須ですが、繰越しができるという事なのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る