記事の詳細

経費で落とせる物と落とせない物がありますので、節税対策を考えているなら知っておきましょう。

そもそも経費は、サラリーマンなら会社が負担してくれるかどうかという考えですが、経費として認められる物が社内で規定されているのです。

個人事業主にとっては節税になるのかどうかという考えですが、税法のルールに基づいて判断するのです。

利益が大きければ大きいほど税負担も増えますが、売り上げを減らしてしまうと経営に影響が出る事が考えられるため、経費を増やす事によって節税に繋がるのです。

経費で落とせない物として、事業との関連性がない物プライベートな物は経費にする事はできませんが、グレーゾーンな経費は存在するという事ですから、脱税にならないよう気をつけましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る