記事の詳細

高齢になって年金をもらう場合、65歳未満と65歳以上だと年金にかかる税金が異なるという事を知っていますか?

年金は雑所得に分類されるため、住民税と所得税がかかり、65歳未満は控除が小さくて65歳以上はっこう女が大きいため、控除の計算で金額が変わってくるのだそうです。

65歳未満なら年間で70万円までは無税ですが、65歳以上なら年間で120万円までが無税になるという事ですよ。

65歳未満で年金を受け取った場合、65歳以上で受け取るよりも税金が大きくかかるという事ですし、住民税も同じように控除の額に違いがあります。

年金の支給は65歳以上が原則となっていますが、繰り上げ支給は60歳からできますので、繰り上げ支給をお考えの方は税金についても考えておきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る