税のまめ知識

  • 会社を辞めて再就職をしないと税金が戻る

    意外と知られていないのが会社を辞めたあと、辞めたのと同じ年に再就職しなかった場合には確定申告で税金が戻る場合があるということです。 退職後、年内に再就職をしていない場合にはその年の年末調整がされていないことになります。 以前勤めていた会社では所得額の見込額を徴収されている…

  • 相続税の還付手続きについて

    全国の税務署による調査により相続税申告の80%以上に誤りがあることが発覚し、払いすぎた相続税を取り戻す為の手続き「還付手続き」に注目が集まっています。 この還付手続きにより取り戻せる金額は1件あたり1,000万円を超える平均額となっていますので、もし今までに相続税手続きをし…

  • 税務調査で必要な書類

    税務署から税務調査の電話がかかってきたけど、一体何の書類を用意しておけば良いのかと悩んでしまう事業主の方は多いそうです。 細かい部分に関しては業種や業態に違いが出てきますが、基本的に作った申告書や決済書の元になった資料が必要なものとなります。 例えば現金で買った経費の領収…

  • インプラントは医療費控除対象になるか

    自分か扶養家族が1年に10万円以上の医療費がかかった場合には、医療費控除の対象になる可能性がありますが、歯科治療の中でも高額なインプラントもその対象になり得ます。 確定申告をする際に治療にかかった費用の一部が還付金として戻ってきますので、インプラント治療をしたら確定申告を忘…

  • 経費になるもの、ならないもの

    不動産経営をしていると経費に落としていいもの、落とすべきではないものがごっちゃになってしまうという事が多くあります。 不動産経営で一般的に発生する経費は固定資産税や支払い利益や管理料などですが、今回はよく経費になると疑問を抱かれるもので経費にならないものをご紹介します。 …

  • ゆたか税理士法人

    ご依頼主に安心して経営に集中して欲しいという思いを抱いている税理士事務所で、企業の継続を第一に考えた『数字』に強い経営をサポートしてくださいます。 税理士だけが数字を分かっていれば良いのではなく、経営者が正しい数字を理解することが大切と考えていらっしゃいますので、毎月の監査では…

  • 税額控除について

    税額控除とはその名前の通り税金を減らす事ですが、もちろん用件に当てはまれば誰でも控除が受けられますが、特に中小企業の方が対象になりやすいと言われています。 もう少し詳しく解説すると、資本金が3,000万円以上になってくると中々控除が受けられにくくなってしまうそうです。 控…

  • 税理士が独立する前にやっておくべきこと

    税理士としてある程度の経験を積むと、今度は独立して頑張っていこうと思う税理士の方は少なくありません。 そこで今回はそうした方達が独立・開業する前にやっておくべき事をご紹介致します。 それは自分のメディアを作って育てておく事で、ビジネスを成功させる為には必要不可欠な事だと言…

  • 会社員の税金対策

    会社員の税金対策で一番大きく反映されるのは「扶養控除」です。 扶養控除は親族であること、生計をともにしている、年間の所得金額が38万円以下である、他の人の扶養親族や専属専従者になっていない、といったこれらの要件全てを満たすと扶養控除を受けることが出来ます。 簡単に表すと扶…

  • 税理士事務所に仕事を依頼する平均単価は?

    平成13年の税理士法改正により税理士報酬規定が廃止された事で、それまで最高限度額が定められていた税理士の報酬はそれぞれである程度自由に決められる様になりました。 それと同時に税理士事務所の価格競争も広がりを見せ、現在では最盛期の半分程度の価格が単価になっているそうです。 …

最近のコメント

    ページ上部へ戻る