記事の詳細

税額控除とはその名前の通り税金を減らす事ですが、もちろん用件に当てはまれば誰でも控除が受けられますが、特に中小企業の方が対象になりやすいと言われています。
もう少し詳しく解説すると、資本金が3,000万円以上になってくると中々控除が受けられにくくなってしまうそうです。

控除率はものによって様々ですが全てのパターンで言えるのが、控除される金額はそこまで凄く大きい金額ではないため、控除の対象になる為に何か物を購入したりすると本末転倒になってしまう可能性もあります。

設備控除を除いたものの代表を挙げると、給料を増やしたらその増やした金額の10%を減らせる所得拡大税制、主に大企業で見られる雇用促進税制などがありますが、もちろんそれぞれに要件が発生します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る