記事の詳細

会社員の税金対策で一番大きく反映されるのは「扶養控除」です。
扶養控除は親族であること、生計をともにしている、年間の所得金額が38万円以下である、他の人の扶養親族や専属専従者になっていない、といったこれらの要件全てを満たすと扶養控除を受けることが出来ます。

簡単に表すと扶養控除は「親族を養うのなら税金が安くなる」というものですが、配偶者の場合は扶養控除ではなく「配偶者控除」の適用となるので注意してください。

いくつか分かり辛い部分があると思いますが、例えば「生計をともにしている」という要件は、基本は同居して一緒に生活費を払っているという考えとなります。
しかし一時的に単身赴任をしていたり、一人暮らしをしている学生のお子様に限っては別居していても不要に要件に当てはまります。

https://youtu.be/Gn8gpg4vt2s

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る