記事の詳細

法人税額は簿記検定で算出されるように、「税引前当期純利益×法人税率」で計算する事は出来ません。
例えば利益に対して単純に課税が行なわれるのであれば、先の計算方法でも法人税額が出されても良いと思われます。
しかし、実は法人税は利益に対して課税される訳ではないので、結局の所最初の計算方法で算出する事が不可能なのです。

会計で算出された会計上の利益と、法人税法の「儲け」である「所得の金額」は違う為、計算も異なってきます。
簡単にまとめますと、「収益−費用」の利益というのは会計的な考え方、「益金-損金」が所得というのは税務的考え方となり、この2つが完全には一致する事はありません。
前者は会計的に考えて会社の営業成績などを正確に表示する為に必要な考え、後者は課税の公平性を保つ為に配慮された考えと言えます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る