記事の詳細

日本では住宅などの不動産購入を促進するため、「住宅ローン控除」や「住宅ローン減税」というような制度が設けられています。
中でも住宅ローン控除については多くの方が利用しているので一般的に広く認知されているでしょう。

住宅ローン控除とは正式には「住宅借入金等特別控除」といい、年末の住宅ローンの残高に応じ、所得税から控除率1%が10年間差し引かれる制度です。
会社勤めなどの給与所得者なら、確定申告を行なうだけですぐに所得税額からこの1%が戻ってきます。

一方で住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借り入れて住宅を購入した場合、年末の住宅ローンの残高、もしくは取得対価の少ない方の金額1%が10年間所得税から控除される制度です。

どちらも名称が違うのに似た制度で混乱してしまうと思いますが、現在ではこの2つの違いはあってないようなもので、殆ど同じ意味で使われています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る