記事の詳細

税金は国税と地方税の2つに分ける事ができます。
一見シンプルに2つに分けているだけのように思えますが、国税は所得税や法人税、相続税、贈与税等の直接税と、消費税、印紙税、登録免許税などの間接税があり、地方税には道府県民税、不動産取得税、個人事業税などの税金が分類されるというように、中身を見ていくと非常に細かく分けられていることが分かります。

それぞれその名前の通り、国に収める税金と地方に納める税金となっています。
国税は税務署が窓口となっていますから、法人税や所得税の申告書も税務署に出す事になるのです。
一方で地方税は地方が課す税金ですから、窓口は都道府県税務事務所や市役所になりますので、これらに申告書を提出する事になります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る