記事の詳細

あるお宅にNHK職員が訪問してきており、息子に対する契約を80歳の母に息子の名前で契約をしたということによって議院の立花さんが息子さんになりすまして、NHK職員をといつめるといった内容です。
息子さんに成りすまして、職員さんに質問をするということを息子さんは了承されているそうです。

成人していない息子さんの契約書にサインをすることは、OKですが、成人している息子さんの契約書に親が書くというのは私文書偽造罪で違法になります。

違法によって締結された契約はとうぜんのことで無効になるというのが、こちらの動画のないようです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る