記事の詳細

国の財政では税収は歳入全体の半分程度といわれています。
財政はセイフが収入を得て、それを支出する経済活動のことをいい、その収入のことを歳入、支出のことを歳出といいます。

税金には直接税と間接税があり、直接税では国税には所得税、法人税、相続税などがあり、地方税では住民税、事業税、固定資産税などがあります。
間接税の国税は消費税や印紙税、酒税があり、地方税にはたばこ税、地方消費税があります。

所とk重税は会社員の給料や商売の収入にかけられる税金で、その税金は所得に応じて変わっていきます。その制度を累進課税制度といいます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る