記事の詳細

会社が支払う税金については印紙税や固定資産税、自動車税などがあり、会社の費用となります。そして社員が支払う税金は所得税や住民税などがありますが、これは会社がお給料から天引きをして支払っている会社が多いかと思います。

仕分けとしては会社が支払う税金の場合には租税公課として仕訳し、社員が支払う税金の場合には預かり金として仕訳を行います。

店舗兼住宅の固定資産税の場合には住居使用分を引き出し金(特殊)、店舗使用分を租税公課(費用)として仕訳を行いいます。全体の40%が住居の場合には税額の40%の引き出し金で60%が租税公課となります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る