記事の詳細

消失時効がすすめば支払う義務がなくなるといったことについて解説されている動画です。借金についても時効による消失期限が有りますが、税金についても同様で消失があります。
その消失機嫌は法定納期限から5年となっています。

しかし、税金の修正申告があり、債務が承認されますと5年の期間がリセットされるということになります。また税務署から更正処分がなされますと同様に期限がリセットされます。

このような消滅時効が成立しますと消滅の意思表示をしなくても消滅が自動的になされてしまいますので、税金を納めたいといった場合でも納めることができないということになります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る