記事の詳細

個人事業主は税金の対策として、小規模共済、IDECOに加入することで合計160万円の節税を行うことが可能です。

小規模共済は国の機関である中小機構が運営する制度で小規模企業の経営者や役員、個人事業主などのための、積み立てによる退職金の制度です。掛金は全額を所得控除できるので、高い節税効果を望むつつ、契約者の方が様々なメリットを受けられます。

IDECOは加入者が月々の掛け金を積み立てし、あらかじめ用意された金融商品で運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取る制度になります。これも積み立てをするときには全額所得控除の対象になります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る