記事の詳細

日本では納税者が自主的に申告をする申告納税方式をとっていますが、申告をしていないと税収があがらなくなる可能性があります。

そこで国は給与や退職金等特定の支払いをおこなう際には受け取る人にかかる税金をあらかじめ天引きしてもらうことにしました。この制度を源泉に徴収することから源泉徴収制度と呼ばれています。

目的としては国の納税事務の負担を軽減し、納税効率を上げることに有ります。内容としては特定の支払いに対し、支払い者が定められた税額を天引き(徴収)して納付をおこなう義務が有ります。
対象としては、給与のほかには個人事業者が税理士、弁護士などに支払う報酬等もあります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る