記事の詳細

法人税制では中小企業者を守る為の多くの特例が設けられています。
今回はこの中小企業者とはどの事を指すのか、そして一般的に見られる特例についてもご説明致します。

まず中小企業者とは、資本金の額が1億円以下の法人、または資本金を有しない法人の事を指します。
適用される特例の一部についていくつか挙げると、「30万円未満の少額減価償却資産の即時償却」や「法人税率の軽減」などがあります。
特に前者については上手く活用する事で節税にも繋がりますので、非常に利用価値の高い特例の一つだと言えます。

これらの特例は中小企業だからこそ認められている特例ですので、これらの特例の事も含めて税負担の計算や資本金のことを考えるようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る