記事の詳細

旅行はさまざまな名目で行うことになりますが、出張、接待、社員旅行、視察旅行などがあるかと思います。
社員旅行の場合には全員参加かどうかが福利厚生になるかどうかではありますが、一部の人のみの旅行であった場合にはお給料として換算され、税金が計算される可能性があります。
また参加率が50%になるような社員旅行とする必要が有ります。

また旅行代が高すぎないというところもポイントとなり、10万円~が目安となってきており、会社負担が10万円以上になってきますとNGとなってきます。
また、4泊5日以内である必要があるなどさまざまな用件が有ります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る