記事の詳細

こちらの動画は法人の決算対策に対する説明を行っています。
法人の決算対策の基本としてはまずは早めに準備することです。決算が終わってからでは打てる対策にかぎりがありますので、早めの対策が必要です。できれば決算の3ヶ月前から今期の利益を予測し、決算対策の予測を進めていくことが必要です。

税金対策の優先順位としては大きく3つに分類することができ、1・キャッシュロスのない節税、2・後々お金が戻ってくる節税、3・キャッシュロスのある節税に分けられます。
検討するうえでも1から3の順番で検討していくことが大切です。

納税資金を予め用意できないと、納税するために銀行借入れをするケースや、税金の分割払い・滞納ということもありえます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る