記事の詳細

ふるさと納税は「納税」という言葉が付いていますが、正確には故郷に対する寄付金を納める制度で、この寄付金を納めることで所得税と住民税が戻ってきます。

所得税に関してはそれぞれの所得に対して税率が変わるため、一概にいくら寄付すればいくら戻ってくるとはいえません。
一つ例を挙げると、年収が500万円で所得税率が10%の方なら、2万円の寄付金をした場合には1.8万円が戻ってきますので実質2,000円の寄付となるのです。
3万円の寄付だと2.8万円税金が帰ってくるので同じく2,000円の自己負担となりますが、4万円だと少し計算が変わり30,900円の税金が戻ることになり、自己負担が9,100円となります。

また、ふるさと納税を行なうことで災害の復興支援なども行なえるので、頑張って欲しい自治体があるのならぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る