記事の詳細

税理士に必須の財務諸表は非常に広い範囲を勉強する必要がある為、どの部分から手をつけていけば良いのか分からないという方が多くいらっしゃいます。

効率的に財務諸表の勉強を進めていく上で、まず最初にマスターしておきたいのは「貸借対照表の読み方」と「損益計算書の読み方」でしょう。
それぞれBS、PLと呼ばれるこれらを理解する事が第一歩ですが、この2つだけでも膨大な数字を取扱うためどう読めるようになっていけば良いのかが更に大切です。

基本中の基本から始めるのなら、財務諸表をみて概要を読み取る事ができ、更に得た情報から代表的な分析が出来るようになるのを目標にしていくと良いでしょう。
これらがスムーズに出来るようになってから次のステップに進むようにすれば、より理解しながら財務諸表を学んでいけるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る