記事の詳細

相続税の申告は相続の開始から10ヶ月以内に「相続税申告」を提出しなければ、いくつかのペナルティが発生してしまいます。
10ヶ月と聞くと余裕があるようにも思えますが、実際に申告をしなければならない立場になると、遺産分割協議に時間がかかってしまったりすれば10ヶ月はあっという間に過ぎてしまうので、余裕のある申告が必要となります。

申告期限ギリギリに税理士に相談してみても、残り一ヶ月になっていたりすると多くの税理士事務所では間に合わないと判断されてお断りされしまいます。
そうすると今度はギリギリでも対応してくれる税理士を探すところから始める必要があるので、またそこで時間を必要としてしまうのです。

税理士が見つかっても今度は現地に赴いて財産評価をする必要がありますし、必要書類を集めていく必要もある急ぎの仕事となるので、申請期限2ヶ月前あたりから依頼すると特別費用が発生する場合もあります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る