記事の詳細

相続が発生した後は多くの手続きを行なわなければならず、それぞれの手続きによって期限が決まっているものも多いです。
今回はその中でも相続発生後の10ヶ月以内に行なうべき、相続税の申告と納付についてご紹介致します。

申告の書類は被相続人の住所地を所轄している税務署へ、納付自体は税務署に限らず金融機関や郵便局でも行なえるようになっています。
相続税は必ず発生する訳ではなく、相続財産の合計額が基礎控除額を超える場合にのみ申告と納付が必要となります。
また、控除や特例を適用したい時には相続税の申告とともに申請をしなければなりませんので注意してください。

申告・納付が必要な場合、10ヶ月以内の期限を過ぎてしまうと約15%の税率が加算されてしまいますので、すぐに支払えない場合は、利子税がかかるものの延滞税より負担の少なく分割で納付できる「延納」や、物で支払う「物納」といった制度を利用を考えましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る