記事の詳細

税理士事務所の営業活動というのは多岐にわたりますが、あまりにも多すぎてどの方法をやればいいのか、どうアプローチをかけていけばいいのかという点は中々難しいところがあります。
また通常業務もありますから、営業活動だけに力を入れていくということも出来ません。

最も強いと昔から言われるのが「紹介」です。一定数の顧客がいるのなら、現在の顧客が新たな顧客を紹介してくれるので、一番の新規開拓として重宝します。
しかし、これが開業時だと顧客がついているケースは殆どありません。その様な場合はどうしたら良いかというと、魅力の溢れるホームページを作ってください。
もちろんそのホームページには「他の事務所とはここが違う」という情報をたっぷり盛り込みましょう。

また、自身のプロフィールに関しても、ただ経歴を紹介するのではなく、「こういった思いで税理士になった」というようなエピソードなども載せておくと一歩進んだ情報になりますし、見込み客からしてもどういった人物が対応してくれるのかが想像できるので問い合わせをしやすくなります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る