記事の詳細

固定資産税は深く考えてしまうと非常に複雑ですが、基本は「評価額×税率=税額」という風にシンプルに考える事が出来ます。
その時によって変わる税率や税率、評価額からの控除がある場合など細かく変わってくるため難しく思われがちなのです。

例えば家屋の場合は「評価額×税率=税額」でシンプルに考えられる固定資産税の計算と言えますが、土地の場合になると評価額の他にも課税標準額の事を考えなければならなくなり、もう少し複雑になってきます。
更に課税標準額を出す為にまた別の計算を行なう必要があるなど、計算の流れが分かったとしても、そこに様々な要因が絡んでくると追っていくのが難しくなってしまい、自分たちで答えを導き出すのが中々難しくなります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る