記事の詳細

飲食代を交際費にすることは珍しくありませんが、1人当たり5,000円以下の飲食費については少し注意しなければなりません。

例えば交際費は基本的に得意先を接待した時に使われますが、1人当たり5,000円以下の場合は「接待交際費」から除外しても問題ありません。
しかし、除外する為には、飲食のあった年月日の記載、参加した得意先などの氏名・名称・関係、参加した人数、金額・飲食店・料理店などの名称と所在地、その他参考となるべき事項、のこれらが記載された領収書、もしくはレシートが必要となります。

接待交際費から除外できる場合は「会議費」などで経理処理することが可能ですが、お中元などの飲食代でない接待費に関しては金額関係なく統一して「接待交際費」としてカウントされます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る