記事の詳細

パートやアルバイトで働くと聞くこともある「年収103万円の壁」という言葉を知っていますか?
103万円の壁は一体どのような内容なのかというと、所得税の計算の基礎控除額に大いに関係する言葉なのです。

まずこの103万円とは、給与所得控除の65万円と基礎控除の38万円を足したもので、扶養配偶者の給与が103万円に収まるのなら所得が0として扱われ、所得税も発生しません。
では103万円を超えてしまったら損するのかというとそうではなく、141万円までならば今度は「配偶者特別控除」により、夫が控除を受けることになります。

103万円を超えても深く気にする必要は無いことが分かりましたが、ここで今度は130万円の壁と呼ばれるものが登場します。
こちらは130万円までならば社会保険料は配偶者の扶養の範囲内ですので、自分で社会保険料を支払う必要がなくなりますが、超えてしまった場合には160万円程度稼げないと損をしてしまう場合が多いです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る