記事の詳細

意外と知られていないのが会社を辞めたあと、辞めたのと同じ年に再就職しなかった場合には確定申告で税金が戻る場合があるということです。

退職後、年内に再就職をしていない場合にはその年の年末調整がされていないことになります。
以前勤めていた会社では所得額の見込額を徴収されているので、結果的にその分の税金を多く支払っていることになり、確定申告でその多く払った税金が戻ってくる可能性があるのです。

必要な書類は確定申告書の他に、退職した時、もしくはその後行なったアルバイトなどの源泉徴収票、生命保険、地震保険、国民年金などの控除証明書のみですので、一度税理士に相談してみてくださいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る