記事の詳細

全国の税務署による調査により相続税申告の80%以上に誤りがあることが発覚し、払いすぎた相続税を取り戻す為の手続き「還付手続き」に注目が集まっています。

この還付手続きにより取り戻せる金額は1件あたり1,000万円を超える平均額となっていますので、もし今までに相続税手続きをした経験がある方は、お近くの税理士に相談して確認してもらうことをおすすめします。

ではなぜこのような相続税を払いすぎてしまうということが起こった背景には税理士の経験不足が問題視されています。
年間の相続税申告数と税理士の数を単純計算した場合、1人の税理士が1年間に相続税申告手続きを行なうのは件数は0.7件しかないのです。
つまり1年間に1回も相続税申告を行なわない税理士がいる計算になり、自ずと相続税申告の経験が少ない税理士が増えてきてしまいます。

そうした経験の少ない税理士がただでさえ難しい不動産類の財産の価値を高く評価してしまうと、必要以上に多くの相続税を支払わなければならなくなってしまうのです。
そのため相続税還付手続きの相談をするのも、こうした相続税申告を専門にしている税理士に依頼すると安心でしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る