記事の詳細

税務署から税務調査の電話がかかってきたけど、一体何の書類を用意しておけば良いのかと悩んでしまう事業主の方は多いそうです。

細かい部分に関しては業種や業態に違いが出てきますが、基本的に作った申告書や決済書の元になった資料が必要なものとなります。
例えば現金で買った経費の領収書やカード払い、領収書の控えなどが挙げられます。

また申告の種類によっては帳簿が必要になることも多い為、その辺りを用意しておけばいざという時に慌てずスムーズに調査を進めてもらえるでしょう。
もし帳簿を紛失してしまったり元から付けていなかったりするのなら、変に嘘をついたりせず、正直にその旨を話すことが大切です。
税務調査と聞くと悪いことをしていなくてもちょっと怖いですが、真摯な態度で対応すれば何も問題はありません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る