税のまめ知識

  • インターネットで確定申告「e-Tax」

    インターネット上で確定申告が行なえる「e-Tax」の使い方をご紹介致します。 まず事前に住民基本台帳カードの発行と電子証明書の作成を市区町村で作成してもらい、基本台帳カードを読み込む為の公的個人認証対応のカードリーダーを用意します。 あとは収支の内訳が分かる帳簿、無い場合…

  • 飲食費を交際費にする際に注意したいこと

    飲食代を交際費にすることは珍しくありませんが、1人当たり5,000円以下の飲食費については少し注意しなければなりません。 例えば交際費は基本的に得意先を接待した時に使われますが、1人当たり5,000円以下の場合は「接待交際費」から除外しても問題ありません。 しかし、除外す…

  • パートやアルバイトの税金

    パートやアルバイトで働くと聞くこともある「年収103万円の壁」という言葉を知っていますか? 103万円の壁は一体どのような内容なのかというと、所得税の計算の基礎控除額に大いに関係する言葉なのです。 まずこの103万円とは、給与所得控除の65万円と基礎控除の38万円を足した…

  • 会社を辞めて再就職をしないと税金が戻る

    意外と知られていないのが会社を辞めたあと、辞めたのと同じ年に再就職しなかった場合には確定申告で税金が戻る場合があるということです。 退職後、年内に再就職をしていない場合にはその年の年末調整がされていないことになります。 以前勤めていた会社では所得額の見込額を徴収されている…

  • 相続税の還付手続きについて

    全国の税務署による調査により相続税申告の80%以上に誤りがあることが発覚し、払いすぎた相続税を取り戻す為の手続き「還付手続き」に注目が集まっています。 この還付手続きにより取り戻せる金額は1件あたり1,000万円を超える平均額となっていますので、もし今までに相続税手続きをし…

  • 税務調査で必要な書類

    税務署から税務調査の電話がかかってきたけど、一体何の書類を用意しておけば良いのかと悩んでしまう事業主の方は多いそうです。 細かい部分に関しては業種や業態に違いが出てきますが、基本的に作った申告書や決済書の元になった資料が必要なものとなります。 例えば現金で買った経費の領収…

  • インプラントは医療費控除対象になるか

    自分か扶養家族が1年に10万円以上の医療費がかかった場合には、医療費控除の対象になる可能性がありますが、歯科治療の中でも高額なインプラントもその対象になり得ます。 確定申告をする際に治療にかかった費用の一部が還付金として戻ってきますので、インプラント治療をしたら確定申告を忘…

  • 経費になるもの、ならないもの

    不動産経営をしていると経費に落としていいもの、落とすべきではないものがごっちゃになってしまうという事が多くあります。 不動産経営で一般的に発生する経費は固定資産税や支払い利益や管理料などですが、今回はよく経費になると疑問を抱かれるもので経費にならないものをご紹介します。 …

  • ゆたか税理士法人

    ご依頼主に安心して経営に集中して欲しいという思いを抱いている税理士事務所で、企業の継続を第一に考えた『数字』に強い経営をサポートしてくださいます。 税理士だけが数字を分かっていれば良いのではなく、経営者が正しい数字を理解することが大切と考えていらっしゃいますので、毎月の監査では…

  • 税額控除について

    税額控除とはその名前の通り税金を減らす事ですが、もちろん用件に当てはまれば誰でも控除が受けられますが、特に中小企業の方が対象になりやすいと言われています。 もう少し詳しく解説すると、資本金が3,000万円以上になってくると中々控除が受けられにくくなってしまうそうです。 控…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る