税理士試験

  • 京都総合税理士法人

    税理士事務所と聞くとちょっと足を運びにくいイメージがありますが、こちらはそんなイメージを払拭し、コンビニ感覚で気軽に相談してもらえるような体制を整えていらっしゃいます。 税理士法人ですので複数の税理士が在籍しており、それぞれの専門や得意分野に応じて税理士が担当してくださいま…

  • 身近で深い固定資産税 −減免とは−

    土地や建物等の資産にかかる固定資産税は馴染み深い税金の一つですが、様々な軽減制度があるのはあまり知られていません。 固定資産税が軽減される制度は複数ありますが、その中でも代表的なのが「減免」と呼ばれる制度です。 この減免は災害、例えば火事、台風、浸水などが原因で所有する土…

  • 第63回税理士試験 消費税法 講評

    専門学校東京CPA会計学院の第63回税理士試験(消費税法)の講評です。 消費税法の試験は、毎回似たような問題が多く学生としては解きにくい問題ではないかもしれません。 基本の部分をしっかり出来ているかが合否にかかわってくるのではないかと思います。 課税資産の類する行為の問…

  • 税理士2科目免除について

    大学院を通うことによって税理士2科目免除にいついてのメリットについての解説です。大学院ですが、こちらの先生の抗議を受講されている方は社会人の方が多いようです。 まず受講するメリットとしては日商簿記検定1級を合格しますと税理士資格を受ける権利が得られます。日商簿記1級の延長と…

  • 2016年税理士試験解答解説 消費税法

    クレアールさんの2016年の税理士試験の消費税法の回答会の様子を動画で解説しています。 理論と計算を挟んだいろいろなパターンについてがあります。 税務の理論を柱建てを事例問題では時間をかなりはしょれるのでなど理論と対策についての説明をされています。 相続時間の調整について複…

  • LEC東京リーガルマインド

    LEC東京リーガルマインドは、全国展開している学校です。 その学校の財務諸表論を受験される方に向けたガイダンスでどのような勉強ができるのかを動画で詳しく説明しています。 46分22の長時間で説明してくれています。 簿記論から学問で歴史によってどのような事を説明するのかを…

  • 税理士試験について

    税理士試験には必須科目2科目と選択科目の9科目があり、税理士の資格を取得する為に必要な合格科目数は計5科目となります。 税理士試験では科目合格制を採用しているため、例えば1年に5科目一気に合格しても良いし、1年に1科目ずつ合格していった場合でも資格取得に問題ありません。 …

  • 法人税制の中小企業者特例

    法人税制では中小企業者を守る為の多くの特例が設けられています。 今回はこの中小企業者とはどの事を指すのか、そして一般的に見られる特例についてもご説明致します。 まず中小企業者とは、資本金の額が1億円以下の法人、または資本金を有しない法人の事を指します。 適用される特例の…

  • 財務諸表の基礎

    税理士に必須の財務諸表は非常に広い範囲を勉強する必要がある為、どの部分から手をつけていけば良いのか分からないという方が多くいらっしゃいます。 効率的に財務諸表の勉強を進めていく上で、まず最初にマスターしておきたいのは「貸借対照表の読み方」と「損益計算書の読み方」でしょう。 …

  • 固定資産税の計算方法

    固定資産税は深く考えてしまうと非常に複雑ですが、基本は「評価額×税率=税額」という風にシンプルに考える事が出来ます。 その時によって変わる税率や税率、評価額からの控除がある場合など細かく変わってくるため難しく思われがちなのです。 例えば家屋の場合は「評価額×税率=税額」で…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る