まる勉の記事一覧

  • 税理士試験合格のコツ

    税理士試験合格するためのコツを解説されている動画です。 税理士試験の受験資格は様々あり、大学で経済、法律に関する科目の履修や日商簿記1級、全系簿記上級を取得する等です。 税理士試験は法人税法と所得税法のいずれかは必修となります。また税法だけで9科目ほどありますが、残りは選…

  • 税金と消失時効

    消失時効がすすめば支払う義務がなくなるといったことについて解説されている動画です。借金についても時効による消失期限が有りますが、税金についても同様で消失があります。 その消失機嫌は法定納期限から5年となっています。 しかし、税金の修正申告があり、債務が承認されますと5年の…

  • 様々な税金の種類のこと

    多くの税金の種類について解説されている動画です。 まず政府の経済活動のことを財政といいます。歳入とは政府の収入のことで現在では約90~100兆円といわれています。所得税や法人税、消費税等のことを租税といいます。印紙とは手数料による収入であると考えてよいということです。 そ…

  • 社会保険の解説

    年金の制度は国民年金、厚生年金、共済年金、厚生年金基金などがあります。 厚生年金は加入期間がある場合には老齢基礎年金に上乗せして、老齢構成年金を受け取ることが出来ます。 障害年金はケガや病気で残ったときには国民年金から、障害基礎年金、厚生年金に加入している場合には障害厚生…

  • 個人事業主の税金対策について

    個人事業主は税金の対策として、小規模共済、IDECOに加入することで合計160万円の節税を行うことが可能です。 小規模共済は国の機関である中小機構が運営する制度で小規模企業の経営者や役員、個人事業主などのための、積み立てによる退職金の制度です。掛金は全額を所得控除できるので…

  • 過払い金請求、裁判について

    過払い金請求では、まず弁護士さんが交渉をしてその交渉がうまくいかなかった場合には裁判をおこなうといったことが行われます。 過払い金の裁判になってきますと、契約者さんも裁判にいかなければならないのかという質問が多く寄せられるそうですが、結論から申しますとほとんどの方が裁判に行…

  • 源泉徴収制度について

    日本では納税者が自主的に申告をする申告納税方式をとっていますが、申告をしていないと税収があがらなくなる可能性があります。 そこで国は給与や退職金等特定の支払いをおこなう際には受け取る人にかかる税金をあらかじめ天引きしてもらうことにしました。この制度を源泉に徴収することから源…

  • 仮想通貨についての税金について

    いままで仮想通貨について、様々な場所から推測が飛び交ってきましたが、最近になって国税から正式にアナウンスがなされました。 国税から正式にアナウンスされた事として、仮想通貨によって得た収益についてはすべて雑所得となっています。 いままでのこちらの動画のUP主さんは譲渡所得で…

  • 雑所得 の 税率について

    累進課税の制度がわかっていないとどのくらいの金額を税金として納めたらよいのか分からなくなってしまうといった内容の動画です。 ある人がFXでかなりの利益を所得したようであり、55%の税金を納めたという事があったようです。コレをきいた別の人が勘違いをしてしまい、累進課税制度は一律5…

  • 税金の役割 ~税に関する作文を書こう~

    税金の役割は様々な種類があり、資源配分の調整としては個人ではできない様々な仕事を誰かがおこなう必要が有ります。社会資本の整備で公共サービスの提供などです。 所得の再分配は高所得者と低所得者で税金の負担能力が違い、累進課税制度によって富の格差を縮める働きもします。 景気…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る